私の英会話教材の選び方

私の英会話のレベルは、本当に中学生くらいから止まっているくらいだったので、初心者レベルと言っても良いようなレベルでした。多少は聞き取りはできるくらいでしたが、自分が話すことはほとんどできないような状態でした。英会話教室に通うことも検討はしたのですが、自宅でゆっくりと勉強したいと思って英会話教材を利用することにしました。

英会話教材を選ぶときに最初に重視したのは、初心者向けのものです。英会話教材にもレベルがあって、初心者向け、中級者向け、上級者向けなどがあります。私のレベルで上級者向けを購入しても理解ができませんので、初心者向けを中心に選ぶようにしました。英会話教材の費用に関しても、大きな選び方の要素の一つでした。

英会話教材は、それほど安いものではありませんので、できるだけ高額になり過ぎない範囲で選ぶようにはしていました。ですが、あまりに安くてクオリティが低いものを購入してしまっては、全く意味のないことになってしまいますし余計出費が必要になります。費用とクオリティのバランスを重視して選ぶようにはしていました。

そのためには、英会話教材の口コミをしっかりと確認するようにしました。英会話に限ったことではありませんが、教材は本当に口コミが参考になります。中には宣伝目的のような口コミも多数ありますので、本当に参考にすることができて英会話が上達するのはどれか選ぶ目利きが必要になります。英語教材ランキングや口コミサイトなどを参考にすれば、手軽に情報収集ができます。

また、サンプルを利用することができるところを選ぶようにしていました。サンプルが英会話教材は、実際に手にするまでどのようなものか分からないことになりますし、本当に英会話が上達する内容なのか自分で確認することができません。サンプルを出しているということは、それだけ英会話教材に自信があるということになるので、選択肢としては大きなアドバンテージになります。

リスニングかテキストかも選び方ではとても重要です。私のような初心者だと、最初からテキストの勉強方法になってしまうと気が滅入ってしまいます。最初は手軽に始めるようにしたいので、リスニングからが初心者向けには良いと感じました。リスニングとテキストの併用をすることでも、初心者を脱却できるようになります。リスニングである程度のレベルに達することができれば、徐々にテキストを増やして、さらに上へのレベルアップを図る英会話教材の選び方が良いと思います。